埼玉県飯能市の木製建具・ドア・家具・西川材(スギ、ヒノキ)リフォーム SAKAMOTO 株式会社サカモト

サカモトのシンボルマーク

環境と人

トップページ > 環境と人 > 西川材について

西川材について

西川材とは?(埼玉県産の木材)

西川林業は、長い伝統と林業者の強い愛林思想に支えられた、丁寧な育林作業によって、優良な材が生産されています。

名前の由来

埼玉県の南西部、荒川支流の入間川・高麗川・越辺川の流域を西川林業地と呼んでいます。江戸時代、この地方から木材を筏により江戸へ流送していたので、「江戸の西の方の川から来る材」という意味から、この地方の材が「西川材」と呼ばれるようになりました。

なぜ良材が出来る

地域の大部分は秩父古生層からなる褐色森林土で、平均気温12〜14℃、平均降水量1,700〜2,000mm、降雪は年3〜4回と比較的温暖であり、地質・気候ともにスギ・ヒノキの育成に適しています。

西川材を使う理由

あなたの身近にある山や森が、きれいな水や空気を作っていることを忘れていませんか? 一本の木材は、一軒の家をささえるだけでなく、私たちの暮らしを支えています。人工林は「育てる」と「伐る」のサ イクルで成り立っている循環型 の資源です。 適切に伐って使うことが、自然 環境の浄化に繋がります。世界全体から、環境を破壊しながらかき集めてきた木材を使うより 地元に育った木の方が、気候にあって長持ちし、余計なエネルギー を使わずに、私たちの生活を豊かにしてくれます。